印鑑はどこで作っても同じではない!実はデザインがとても大事!

サイトマップ

印鑑作成

印鑑証明用の印鑑を用意しておきましょう!

子供の頃、印鑑が売っていると自分の名前がないか探したものです。多くある名字はあるのですが、珍しい名前は注文になってしまいます。回覧板や宅配便が来た時に押すくらいの印鑑でも、注文して作らないといけないのは面倒なものです。しかし、最近ではインターネットでも安くで注文できるようになり、かわいい印鑑もたくさんあります。印鑑の注文となると昔は高額でした。年配の方は一式揃えている方も多いです。若い方の場合、安い印鑑で済ませる事が多いですが結婚したり、住宅を購入したりすると印鑑を押す機会が増えてきます。
その際、100均の印鑑では恥ずかしくなります。社会人の常識として、100均ではない印鑑を持っておくとよいです。宅配便の受け取りに使う印鑑とは違い、大切な書類の時だけに使用する印鑑が必要になります。それは「印鑑証明」として、役所に届けておく必要があります。そして契約をする際、その印鑑が本人の物だと証明する「印鑑証明」を添えることになります。事が進むと、すぐに印鑑証明が必要になることもあり、手持ちの印鑑を印鑑証明にすることもできます。しかし、一度印鑑証明をするとその印鑑で契約が進んでいくため、印鑑を新調して印鑑証明をし直すということは面倒になってしまいます。そういう事にならないよう、早めに印鑑証明用の印鑑を用意しておくとよいかもしれません。

印鑑はどこで作っても同じではない

印鑑をいざ作ろうと思うと皆さんはどこで作るのでしょうか。私は実際自分のを作るまではどこで作っても同じだと思っていたのです。でも、印鑑て一度作ると一生使えるものなのです。下手したら一生に一度しか作りませんね。
どうせなら自分が心から気に入ったお気に入りの印鑑を作りたいと思いませんか。私は初めて自分の印鑑を作ってもらったときは、どこも同じだと思っていたので近所の印鑑屋さんに頼みました。独身で女でしたので、苗字はいずれ変わってしまうかもしれないと思い名前のほうで作ってもらいました。しかし、私の名前はひらがなです。作ってもらったのですが、どうもかっこよくないのです。なんとなく、間の抜けたような印象の印鑑になってしまいました。でも、ひらがなだしこんなもんなんだろうなと思って特に気にせずにいたのですが、しばらくして娘が生まれて娘の印鑑を作ることになりました。娘も名前はひらがなです。
今度は書道家の先生がいる印鑑屋さんに頼みました。これが大正解でした。また間の抜けたダサい印鑑になるのかなと思ったら、書道家の先生がデザインしてくれた印鑑は、私の時とは全然違うとても素敵な印鑑が出来上がりました。印鑑はどこで作っても同じではないと、この時私は思いました。印鑑のデザインてとても大事です。とくに名前にひらがなの入った女性は要注意だと思います。

印鑑を使う頻度

印鑑を使う頻度について考えてみました。最近使った時の事をいつ頃だったか考えてみたのですが大分前に使ったみたいで思い出せません。長く使っていないのかもしれませんね。独身時代は仕事をしていたので何かと使う機会がよくありました。入社してから作ったのは認印でした。注文の仕方ですが事務用品が掲載されているカタログを見ていろいろな種類の中から選んで他の方たちとまとめて頼んで作りました。
それ以前に手元に銀行印は持っていたのでまったくの初めてではないのですが、社会人として自分だけの印鑑を持てたという事で嬉しさとは違った特別な感情がありました。もちろん責任感も出てくるのでドキドキ感もありましたが。仕事場では荷物を受け取る時の受領印や書類で間違った時の訂正印として使用していました。
あまり良くないですが新人の頃は間違う事も多々あったので、しょっちゅう使っていたように思います。数年前に結婚してからというもの嘘みたいに印鑑を使用する頻度がかなり減りました。新婚生活をスタートさせた頃は新居への引越しの際に住所変更やそれ以外の手続きする時に使用していたのですが、専業主婦なので手続きが落ち着いた頃からは使う事が減りました。普段の生活では仕事をしていなかったら印鑑を使う機会は少ないですよね。

あまり使う機会はないかもしれませんが、印鑑はここぞのときに必要となることがあります。なので、余裕をもって今のうちに作成しておく必要があるでしょう。印鑑はさまざまな種類があるので、どれが良いかはお店の方に相談して決めるのがよいでしょう。いまのうちにじっくり選んで、印鑑をひとつもっておきましょう。

珍しい名字もストックしている印鑑屋がある

もしも名字があまり見かけないような珍しい名字だった場合、印鑑をすぐに用意できなくて困ることがあります。ありふれた名字ならどこの印鑑屋でもストックがあってすぐに用意できるのかもしれませんが、そうでない名字だとそういうわけにはいきません。ですが、外出先等で急に印鑑が必要になってしまったら、とても困ってしまいます。ただ、世の中には珍しい名字にも対応しているとても万能な印鑑屋があります。全国的に数がそれほど多いわけではないのかもしれませんが、どんな名字でもほとんど取り揃えている…

印鑑をネット通販で購入してみよう

印鑑は多くの場面で利用します。宅配便の受取や銀行口座の開設、書類の作成にも使います。これだけよく使うものですから、しっかりとしたものを持っておきたいとのです。安い印鑑も売ってはいますが、良いものを持っておいて損はありません。大事な場面で利用することの多い印鑑ですから、安い印鑑よりも良い印鑑を使いたいと思うはずです。さて、印鑑を購入しようと思ったとき、どこで購入しようと思うでしょうか。真っ先に思い浮かぶのは印鑑を取り扱っているお店で購入することです。実物を見て判断…

印鑑の意外な使い方

日本で暮らしていれば当たり前の様に使っている印鑑ですが、これは日本文化独自のもので外国ではサインというところが多く見られます。という所から外国人からみれば少々珍しい物なのです。このような印鑑の特徴を活かした意外な使い方を紹介したいと思います。それは、外国の方へのお土産にするという事です。今は色々なお店でカタカナやアルファベットで作ってもらえる所があります。あと、せっかくの日本のお土産なので漢字で作るのも面白いと思います。英語の名前などを漢字に変えて作るのです。漢字の意味…

用途にあった印鑑とは

印鑑には様々な種類があります。用途によって大きく分けると、簡易的な印鑑として使えるシャチハタタイプと、重要な書類などで必要となる朱肉を使った実印や認印があります。インクが付属しており使いやすいのがシャチハタです。ボールペンの頭の部分に印鑑がついたタイプや、通常の柄のついたものが一般的です。インクをつける必要がなく、会社での回覧書類の印鑑に使う場合や宅急便や郵便物の印鑑として使う場合などに大変便利です。簡易的な印鑑として、プラスチック製の既製品のタイプもあります。…

Copyright © 2016 印鑑はどこで作っても同じではない!実はデザインがとても大事! All Rights Reserved.